Youtuberになろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Youtuberとは?

みなさんYoutuberをご存知ですよね??

今や若い人の中では知らない人はいないのではないかというくらいメジャーな存在になってしまったYoutuber。

 

Youtuberとは、

動画共有サイト「Youtube」で独自に作った動画を継続的に公開する人の事を指します。

また、動画の再生数による広告収入や企業案件などの収入を柱として生活している人の事を指します。

 

人気?Youtuberとしては、

はじめしゃちょー

Hikakin

ヒカル

ラファエル などなどがいますが

みなさん一度は動画をみたことがあるんじゃないでしょうか?

 

ちなみに自分は釣りが好きなので

「釣りよかでしょう」「ハイサイ探偵団」「釣りいろは」の動画をよくみます(笑)

釣り好きな方にはお勧めのチャンネルなのでぜひ登録して見てみてください!

 

このblogでは、記事のタイトルにあるようにみんなでYoutuberになろう!と思っている僕の考えを書いていこうと思います。

Youtuberに対するイメージは??

みなさんはYoutuberに対してどういうイメージを持っていますか??

「楽しいから好き」

「テレビよりおもしろい」

「やりすぎてバカみたいなのがいい」

賛成派は単純に動画が楽しくて見ている方が多いと思います。

トップYoutuberのチャンネル登録数は数百万人いたりと、

それだけ視聴者から支持を得ているといえます。

 

しかし、中には再生数を伸ばそうと法を犯すようなことをやったり、

人が不快になるようなことをネタとして動画にする人もいます。

そういう時はだいたいニュースで取り上げられてしまうので、

Youtuberというものはどんどん悪いイメージがついていってる感じがします。

 

また、広告費で収入を得ているということに関しても、

働いて汗水流して稼ぐのが美学であると考えてる日本人にとっては

楽をしてお金を稼いでいるように見えて、イメージは良くないと思う。

 

実際は莫大な時間撮影をして、時間をかけて編集して1つの動画を作り上げているので、

決して楽をして稼いでいるとは思わないでほしい。

 

ただ、お金を稼ぐということに関してのベクトルが

⇒会社に勤めて毎日出勤して働く

⇒自分のやりたいこと、楽しいと思うことをやって動画にして公開している

かの違いだと思う。

↑これがどういうことなのか、blogの後半で書いていこうと思います。

 

ちなみに、

2017年 小学生のなりたい職業ランキング男の子部門では第6位にYoutuberが入っているほどである。

<男の子>
1位:サッカー選手・監督など
2位:野球選手・監督など
3位:医師
4位:ゲーム制作関連
5位:建築士
6位:ユーチューバー
7位:バスケットボール選手・コーチ
8位:大工
8位:警察官・警察関連
10位:科学者・研究者

子どもたちの目にはそれほどYoutuberとは憧れる存在なのである。

なぜYoutuberに憧れるのか?

では、なぜ子どもたちはYoutuberになりたいと思うのでしょうか?

純粋な子どもたちがYoutuberを見て何を感じているのか?

それは「楽しさ」や「面白さ」を感じているからではないでしょうか??

 

Youtubeは一時期

好きなことで生きていく」をうたい文句に広告を出していた時期がありました。

渋谷なんかでもよく壁にでかでかと広告があったのを覚えています。

自分のやりたいことや、楽しい事、面白いと思うことを動画という形で表現をして収入を得ることができる。

Youtuberになりたいというか、好きな事をやって楽しんでいるその姿に子どもたちは憧れているのではないでしょうか?

 

なりたい職業ランキング1位のサッカー選手や、2位の野球選手なんかも、

サッカーが楽しい、サッカーが好き、だからサッカー選手になりたい。

野球が楽しい、野球が好き、だから野球選手になりたい。

 

ゲームが楽しい、ゲームが好き、だからゲーム実況のYoutuberをやりたい。

 

ただシンプルに「やりたい」事を表現できる場所の1つとしてYoutubeがあり、そこで収入をとれる可能性があるというだけのことではないかと思う。

 

そしてサッカーという1つのカテゴリーにとらわれず、

多くの種類の「やりたい」を表現できるのがYoutubeという場所ではないでしょうか。

Youtuberになろう!その本当の意味は…

タイトルではYoutuberになろう!と書きましたが、

実際に動画をつくって公開するのではなく(やりたい人はやってもいいですが)

「やりたいことをやる」「好きなことで生きていく」という意味で、

表現方法の1つとしてYoutuberをやろうという意味でいいました。

 

 

でも今は自分の好きな事を「動画」という形にすることで収入を得れる可能性がある時代にあるということも覚えていてほしいと思います。

 

僕は釣りをするのですが、釣った魚の捌き方がわからなくてYoutubeで動画を探すことがあります。

マゴチ捌き方  ヒラメ捌き方 …本当になんでもあるんですよね(笑)

でもそれが動画の再生回数に繋がり広告収入になるんです。

 

スノーボード グラトリ ←これも今の時期よく検索しますが、

個人で撮影した動画もたくさん出てきます。

それも再生回数に繋がり広告収入になるんです。

 

懐かしのファミコンのプレイ動画

ふとした時に久しぶりに見たくなったファミコンのプレイ動画。

これも再生回数に繋がって広告収入になるんです。

 

自分のやりたいことを表現する場所としてYoutubeを見ることができれば、

今までとちょっと違う生き方ができるのではないでしょうか。

 

まずは、Youtuberに対する見方を変えてみることからはじめてみてほしいと思います!