年金に頼ってはいられない!老後の貯えは2000万円以上!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融庁発表「老後2000万円必要」

連日ニュースで報道されている金融庁が発表した2000万円不足問題。

勝手に2000万円不足問題と名付けてしまったけれど、

この発表が出た時は実は表ではさほど大きく取りあげられていなかったんですよね。

この発表を受けて裏で騒ぎ始めたのをきっかけに、麻生太郎さんが「報告書は受け取らない」と発言したことから一気に表に出て問題になりました。

 

本当は麻生さんが発言する前から裏では問題になってたのですが、表で全然ニュースにならないのはやっぱり何かの力が働いてるのかなぁとか思って怖くなってしまいます。

 

この金融庁の発表を受けて一気に不安になった国民が多いと思います。

ニュースなんかを見ていると、そのニュースによって伝え方がまちまちだったりするので今回の件はどういったものなのかをまずちゃんと把握して今後の対策を練ってほしいと思います。

2000万円不足の根拠は何か?

そもそも2000万円とはどこから出てきた数字なのか?

何を根拠に2000万円と言っているのか?

みなさんはきちんと把握しているでしょうか?

 

「老後が30年続けば約2000万円が不足する」という試算が出されました。

総務省が公表している家計調査をもとに、(夫65歳以上、妻60歳以上、無職世帯)の毎月の平均的な支出がひと月約26.4万円なのに対して

受け取る公的年金(平均値)は19.1万円、その他の項目を合わせて実収入が20.9万円になるそうです。

20.9万円 - 26.4万円 = -5.5万円

 

おおよそひと月5.5万円の不足。

5.5万円 × 12か月 = 66万円

一年で66万円の不足。

老後が30年続くとして

66万円 × 30年 = 1980万円

 

老後30年で約2000万円の不足というのは単純にこういった計算から出されています。

 

みなさんはここまでの数字を見てどう思ったでしょうか?

2000万円あっても全然足りない!

2000万円もいらないんじゃない?

賛否両論あるかと思われます。

 

色々あるとは思いますがここは冷静になって、自分の立場で考えてみてほしいと思います。

 

「そもそも一か月生活するのに26.4万円も使わないよ!2000万円もいらんだろ」

「公的年金支給額の19万円て厚生年金だよね?自分は国民年金で支給額が少ないからとても2000万円じゃ足りない。」

こんな風に感じた人もいるのではないでしょうか。

 

2000万円という数字だけに捉われないで、自分の立場でいくら必要なのか計算してみてください。

麻生さんが報告書を受け取ろうが受け取らないとかどうでもいい

老後2000万円必要ですとか、

麻生さんが報告書を受け取らないとか、

ぶっちゃけどうでもいいと思いません?

自分は正直どうでもいいと思っています。

 

麻生さんはそんな金融庁の報告に対して否定的だけど、

いうほどズレた報告書ではないと思うんですよね。

それなりの数字を出した上で2000万円は準備しておいてくださいねって言ってる。

とりあえずこのままだと老後はやばいって事には変わりはないんじゃないかと僕は思ってたりします。

 

今回の件で大事なのは、

この一連の騒動を踏まえて自分が老後に向けてどう行動するかだと思います。

2000万円必要とか、麻生さんが受け取らないとかどうでもいいんですよ。

 

自分はこのままだと老後は大変な事になりそうだと感じることが大事で、

そして老後に向けて準備を始める事がとっても大事。

 

年金制度「100年安心」なんて謳われていたけれど、

国にまかせっきりなのは非常に危険だということを感じてほしいです。

国に文句を言いたい気持ちはわかります。

言いましょう、とことん文句は言ってもいいと思います。

でも、国はきっと何もしてくれない。

結局のところ、老後の生活は自分でどうにかしていくしかない。

 

今の自分の貯蓄、老後までに今のままの生活だといくら貯える事ができるのか。

そして自分は老後の生活でひと月いくら必要になるのか。

100歳まで生きるとしたらいくら必要になるのか。

足りないのならば何かを始めるしかない。

 

このニュースをきっかけにリアルな数字を出してみるといいと思います。

年金に頼らない!老後対策はお早めに!

幸い、自分はこのニュースが出たところで以前から準備を始めていたので驚きませんでした。

自分は来月で37歳になりますが、まだ全然老後に向けて間に合う予定で準備が進んでいます。

 

20代で危機感を感じて対策を始めれればまだ余裕で間に合う。

30代で危機感を感じて対策を始めるにはちょっと急いだほうがいい。

40代で危機感を感じて対策を始めるのはかなり急いだほうがいい。

50代で危機感を感じて対策を始めるにはかなりの覚悟と柔軟な考えが必要。

60代で危機感を感じて対策を始めるには相当なレバレッジのきいたことをしなければいけない。

そんな印象があります。

 

どの年代の方にも共通して言えるのは、今のままの生活で老後に貯えができないのであれば

何か今までと違うことをしなければいけない。

これは100%間違いないです。

 

今日と同じ事をしていたら明日も同じ結果にしかならない。

今日を変えるから、明日を変えることができる。

 

とはいうものの、何をどうすればいいのかわからない。

何をどう変えればいいのかわからない。

 

そう思う方にはLine@にて自分が実際にやってる対策をご紹介してるので参考にしてみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40mte3310q